フランスは地中海のサンゴ礁をタイヤから解体し始めました

ビデオ: フランスは地中海のサンゴ礁をタイヤから解体し始めました
ビデオ: 在日k国人が母国に帰国した瞬間、日本とあまりにも違う異常な光景に後悔!「流石におかしいだろ…」【海外の反応】 2023, 2月
フランスは地中海のサンゴ礁をタイヤから解体し始めました
フランスは地中海のサンゴ礁をタイヤから解体し始めました
Anonim
Image
Image

フランス当局は、カンヌ近郊の地中海の底にある22.5千台の自動車用タイヤの構造を解体し始めました。1980年代に、タイヤから人工魚礁と自然保護区を作ろうとしましたが、海洋住民はそこに定着しませんでした。 、そしてタイヤは水中で分解し始めました。このエージェンシーAFPについて書いています。

1980年代に、彼らは、サンゴ、魚、その他の海洋動物が生息することを期待して、タイヤで人工魚礁を作ることを決定しました。カンヌとアンティーブの間の海岸から500メートルの地中海の底に25,000本のタイヤが配置されました。この地域での釣りは禁止されていました。

「1980年代に、私たちはここで海洋生物を回復できることを望んでいましたが、それはうまくいきませんでした。タイヤリーフはバイオマスにとって適切な場所ではないことが判明しました」とアンティーブ副市長のエリック・デュプレットはAFPに語った。地元の漁業協会のデニス・ジェノベーゼ会長は、底生生物も水柱に生息する魚も人工魚礁に根を下ろさず、「慣れたことはない」と付け加えた。

2005年、ニース大学の科学者たちは、重金属がタイヤから水に侵入し、人間の健康に脅威を与える可能性があることを示しました。このため、タイヤが分解し続ける恐れがあるため、人工魚礁を解体することになりました。 2015年には、安全に使用できるように2,500本のタイヤが水から引き上げられました。

現在、構造の分析に関する主な作業が開始されています。先週の初めから、ダイバーと特別装備の船が水からタイヤを取り外しています。わずか数週間の作業で、1万本のタイヤを持ち上げる予定です。 、残りの12.5千は、2019年の第2四半期に解除されます。サンゴ礁をなくすためのプロジェクトの総費用は120万ユーロになります。20万ユーロはフランスのタイヤメーカーであるミシュランによって割り当てられ、残りの資金はフランス当局によって提供されました。

タイヤはニースに送られ、そこからタイヤリサイクルセンターに送られ、そこから建材が作られます。科学者たちは、清掃後、この領域の底が自然に回復することを期待しており、このプロセスを監視することを計画しています。

トピックによって人気があります