WHOはヨーロッパでの記録的なはしかの発生について警告します

ビデオ: WHOはヨーロッパでの記録的なはしかの発生について警告します

Отличия серверных жестких дисков от десктопных
ビデオ: 【DHC】2021/11/24(水) 長谷川幸洋×飯田泰之×原英史×居島一平【虎ノ門ニュース】 2023, 2月
WHOはヨーロッパでの記録的なはしかの発生について警告します
WHOはヨーロッパでの記録的なはしかの発生について警告します
Anonim
Image
Image

2018年上半期にヨーロッパで41,000人以上がはしかにかかりました。世界保健機関によると、これは現在の10年間のどの年よりも多く、この期間の以前の記録のほぼ2倍です。

はしかは危険で伝染性の高いウイルス性疾患であり、2016年には世界中で89.7千人が死亡しましたが、1963年にはしかワクチンが登場して普及する前は、毎年約260万人が死亡していました。 WHOによると、この病気の発生を防ぐためには、地域の人口の95%に2回のワクチン接種を行い、毎年このレベルのワクチン接種を維持する必要があります。

2010〜2017年の絶対最大麻疹感染は、WHOが23.9千例の病気を報告した昨年のヨーロッパで記録されました。 2016年には、感染者の数は最小限で、5、2千人に達しました。今年は、フランス、ジョージア、ギリシャ、イタリア、ロシア、セルビア、ウクライナの7か国で、1,000を超える症例が登録され、ウクライナが23,000を超える症例で第1位になりました。 WHOは、ヨーロッパの国の統計によれば、6か月で少なくとも37人がはしかで死亡したと述べています。

組織の専門家は、53カ国中43カ国がはしかの内部拡散を阻止することができたが(つまり、すべての場合は「輸入」のみである)、一般に、ヨーロッパに広がるはしかの病巣は、人口のカバー率が低いために残っていると強調している予防接種付き。 2017年には、ヨーロッパでは平均して90%の子供が2回の標準用量のはしかワクチンを接種しましたが、一部の国(指定なし)では70%未満です。

Rospotrebnadzorは以前、ロシアでの発生率が最近増加した理由は「海外から輸入されたウイルス」であると報告しました。部門によると、予防接種の適用範囲は、6歳での2回目の予防接種で97%、18〜35歳の人々で99%と高いままです。

トピックによって人気があります