石黒浩が10歳の男の子の顔でアンドロイドを作成しました

ビデオ: 石黒浩が10歳の男の子の顔でアンドロイドを作成しました
ビデオ: 自律型アンドロイド「ミナミ」 2023, 2月
石黒浩が10歳の男の子の顔でアンドロイドを作成しました
石黒浩が10歳の男の子の顔でアンドロイドを作成しました
Anonim
Image
Image

リアルな人造人間の開発で知られる石黒浩が、新しいロボットを開発しました。 TechCrunchによると、彼は10歳の少年のように見え、人の表情を忠実にコピーしているという。

リアルな外観のアンドロイドやガイノイドの作成に取り組んでいるエンジニアや組織は多くありません。これは、ロボットの顔に人間の表情をリアルに再現することが技術的に難しいことも一因であり、ロボットは複雑で高価な装置であり、まだ実用化されていない。いくつかのロボットは世界的に有名です-例えば、ガイノイドソフィア。ソフィアは会話を維持し、感情を表現し、冗談を言い、ロシア語を話す方法を知っていますが、このレベルのデバイスでさえ「不吉な谷」の影響を引き起こすため、エンジニアはより高度なヒューマノイドロボットの作成に取り組んでいます。

この分野で最も有名なロボット工学の1つは、大阪大学の石黒浩教授であり、彼はいくつかのヒューマノイドロボットの作成に参加し、Androidの双子を作りました。現在、日本のエンジニアは、彼の新しいプロジェクトであるIbuki(Ibuki)という名前のAndroidに関する資料を公開しています。

一部のヒューマノイドロボットが商用利用されていることは注目に値します。たとえば、東芝のスペシャリストが開発したガイノイドの千平愛子は、2015年に日本のショッピングセンターでコンサルタントを務め始めました。

「新しい倫理」プロジェクトの一環として発行されたエッセイ「人間の世界での非人間的」で、現代世界におけるロボットの役割とその法的地位について読んでください。

トピックによって人気があります