座りがちな生活は死のリスクと関連していないことが判明しました

ビデオ: 座りがちな生活は死のリスクと関連していないことが判明しました

ビデオ: 【怠け癖を直す】人が怠ける理由とやる気を出す方法3選 2022, 12月
座りがちな生活は死のリスクと関連していないことが判明しました
座りがちな生活は死のリスクと関連していないことが判明しました
Anonim
Image
Image

コペンハーゲンのロダンの考える人のブロンズコピー

エクセター大学の科学者は、人が座って過ごす時間は、早死を含むあらゆる種類の健康リスクと相関しないことを示しました。研究者の記事はInternationalJournal of Epidemiologyに掲載され、大学のプレスリリースに要約されています。

1つの座席に長時間座っていることをあらゆる種類の健康上の合併症に関連付ける多くの研究があります。たとえば、2010年には、座りがちな生活が早期死亡につながることが肥満の人々に示されました。その結果、一部の生理学者は、1つの場所に長時間座るプロセスそのものが体に有害である可能性があることを示唆しています。

3720人の男性と1412人の女性が新しい仕事に参加しました。 1997年から1999年にかけて、科学者たちはこれらの人々の習慣、特に彼らがどれくらいの時間、どこに座っているかに関するデータを収集しました。総座席数は、在宅勤務、テレビ付き自宅、テレビなし自宅、休憩時間、勤務時間と休憩時間の5つに分類されました。 16年後の2015年、科学者たちは長期的な健康への影響を分析しました。

この期間中に、この研究の参加者の合計455人の死亡が記録されました。結局のところ、5つの指標のいずれも早死のリスクに影響を与えませんでした。この作業の前に、研究者は特定の座席パターン(たとえば、仕事で座っている時間)が死亡率に影響を与えないことを確立しようとしました。

科学者たちは、全体的な身体活動がリスクに大きな影響を与えると付け加えています。この研究では、座りがちな生活によって引き起こされる病気を発症するリスクではなく、死亡のリスクのみが考慮されていることは注目に値します。

アンドレイ・コニャエフ

トピックによって人気があります

人気の投稿