ESAは月の北極の新しい画像を受け取りました

ビデオ: ESAは月の北極の新しい画像を受け取りました

ビデオ: 【速報】小室圭夫妻写真流出。英デイリーメール追撃 2022, 12月
ESAは月の北極の新しい画像を受け取りました
ESAは月の北極の新しい画像を受け取りました
Anonim
Image
Image

月の数百枚の画像のモザイク。中央には北極があります。

欧州宇宙機関は、月の北極の新しい画像をリリースしました。モザイクは、2004年から2006年にSMART-1デバイスで撮影された何百枚もの写真で構成されています。

画像の中央部分は、月のクレーターが点在する北極によって占められています。それらの中で最大のものはRozhdestvenskyクレーターであり、両側がHermitクレーターとPlaskettクレーター(中央の少し左側にあります)に囲まれています。

モザイクを組み立てるには、何百もの異なる画像をつなぎ合わせる必要がありました。専門家によると、最も困難なことは、異なる画像のクレーターの照明を均等にすることでした。月の両方の半球で昼と夜の変化があります。これは、照明の性質、影の方向、照らされた表面の割合が変化することを意味します。月明かりの夜のように、月の日が2週間続きます。

特に、この写真は、ポールの両側にあるクレーターが厳密に反対側から照らされていることを示しています(イルミネーションはポールに向けられているようです)。同じ理由で、画像に暗い四角が表示されます。

SMART-1は、2年間の作業で月面の写真を約32,000枚収集しました。この装置は2003年に打ち上げられ、欧州宇宙機関の月への最初の探査ミッションとなりました。通信衛星とともに通過負荷として低軌道に打ち上げられた後、静止プラズマエンジンを用いて地球の自然衛星に送られました。

トピックによって人気があります

人気の投稿