ヒューマノイドフェミノイドの「妹」がショッピングセンターで働き始める

ビデオ: ヒューマノイドフェミノイドの「妹」がショッピングセンターで働き始める

ビデオ: ネオニコチノイドのヒトへの健康影響 2022, 12月
ヒューマノイドフェミノイドの「妹」がショッピングセンターで働き始める
ヒューマノイドフェミノイドの「妹」がショッピングセンターで働き始める
Anonim
Image
Image

フェミノイド愛子千平の初営業日。

日本企業の東芝が2015年1月に初めて発表した受付ロボット「千平愛子」の新バージョンが大型ショッピングセンターで稼働を開始しました。彼女の「姉」は2015年5月10日から受付係として成功していると朝日新聞は報じています。

新しいフェミノイド(女性のように見えるアンドロイド、フェムボットまたはガイノイドとしても知られています)は、前任者よりも幅広いスキルセットを備えています。したがって、フェミノイドは英語、日本語、中国語の3つの言語を話すことができます。

千平愛子2.0は、27〜29歳、身長165センチの日本人の女の子の姿をしています(最初のフェミノイドは、24歳の若い女の子の姿に基づいて作成されました)。彼女の皮膚はシリコーンでできており、見た目も手触りも本物の人間と非常に似ています。線の間に、彼女の唇は話されたテキストに従って形を変えます。彼女は積極的にジェスチャーをすることもできます。

新しい職場での短いテスト期間の後、愛子千平2.0は今年12月から東京の大きなアクアシティお台場モールでフルタイムの職務を引き受ける予定です。東芝のエンジニアフェミノイドの最初のモデルは、テストサンプルに似ていると考えられています。彼らの目標は、東京がオリンピックを主催する2020年までに本格的な受付ロボットを作ることです。現時点では、ロボットはコンピューター画面に表示され、ユーザーが選択した事前に準備された質問にのみ答えることができます。

以下に、それぞれAiko Chihira1.0と2.0のビデオを示します。

トピックによって人気があります

人気の投稿