日本の会社が建設業者にロボット外骨格を供給し始めた

ビデオ: 日本の会社が建設業者にロボット外骨格を供給し始めた

ビデオ: 日経平均、血の雨だ 2022, 12月
日本の会社が建設業者にロボット外骨格を供給し始めた
日本の会社が建設業者にロボット外骨格を供給し始めた
Anonim
Image
Image

人間のロボット外骨格「HALforLaborSupport」。

日本企業サイバーダイン株式会社筑波大学スピンオフ大和ハウス工業株式会社との提携。朝日新聞は、日本とフランスの最大の建設会社、およびドイツのロジスティクスセンターと空港へのロボット外骨格「HALforLaborSupport」の実験的配送を開始したと報じています。

現場での新しい外骨格の最初の試験的な納品と適用は5月に行われました。現在、外骨格はいくつかの建設現場で組立作業員によって積極的に使用されています。

建設業者が外骨格を使用する主な目的は、高齢者が仕事を続けられるようにすることと、日本の建設現場の人員不足の問題を解決することです。このように、52歳のインストーラーである高田明道氏は、外骨格により、若い頃と同じように、重金属製の梁やI型鋼を簡単に運ぶことができるようになり、ハードワークが娯楽に変わったと語った。

HAL for Labor Supportは、HAL-5(Hybrid Assistive Limb)外骨格を単純化したものです。腰に装着して腰に乗せる特殊なウエストベルトで構成されているため、重い荷物を持ち上げることができ、総荷物を40%削減し、膝や腰椎の怪我のリスクを軽減します。ロボットベルトの自律運転は3時間、充電時間は45分です。バッテリーと一緒にデバイスの自重は3キログラムを超えません。

2016年にCyber​​dyneInc。大和ハウス工業株式会社完全なロボット外骨格「HAL」の新しいバージョンを提示し、「HAL forLaborSupport」の使用中に組み立てられたものがその完成に役立ちます。

トピックによって人気があります

人気の投稿