「ネイキッドエコノミー」

目次:

ビデオ: 「ネイキッドエコノミー」

ビデオ: Знаменитая японская гостиница с горячими источниками [Tochigi ♨️ Hoshino Resorts KAI Nikko] 2022, 十一月
「ネイキッドエコノミー」
「ネイキッドエコノミー」
Anonim

経済学は退屈で曖昧な科学であると信じられています:数字、グラフ、図、複雑な用語、再び数字。これを理解することには消極的であり、必要はありません。経済学の法則は、特定の人の生活にめったに関係しないマクロプロセスを支配します。 CharlesWhelanの本NakedEconomics。悲観的な科学を暴露すること」(オクサナ・メドヴェドによって英語から翻訳された、出版社「マン、イワノフ、ファーバー」)はこの妄想を払拭するでしょう。明確な言葉で、そしてすべての理解できる例で、著者は私たちの生活経済法のどの領域が浸透し、それらがそこにどのような影響を与えるかを説明します。私たちが出版している彼の本からの抜粋は、経済法の知識が、破壊から生き残る寸前の珍しい動物を救うのにどのように役立つかを示しています。

Image
Image

インセンティブが重要:鼻を短くして命を救う方法(あなたがクロサイの場合)

>

クロサイは、完全な破壊に直面した最初の動物の1つです。今日、この生物種(クロサイはアフリカ南部に生息)の数は約4000個体ですが、1970年には約65,000個体でした。これは、実際の生態学的災害の鮮明な例です。そして、この状況では、経済学の基礎は、動物がそのような問題を抱えている理由を説明することができ、おそらく、状況を修正する方法を提案することさえできます。

なぜ人々はクロサイを殺すのですか?同じ理由で、彼らは麻薬を売ったり、税金で不正行為をしたりします-それは彼らが捕まるリスクにもかかわらず彼らがたくさんのお金を稼ぐことを可能にするからです。多くのアジア諸国では、クロサイの角は強力な媚薬および解熱剤と見なされています。また、伝統的なイエメンの短剣の柄を作るためにも使用されます。闇市場では、1頭のサイの角が最大30,000ドルかかる可能性があります。これは、1人あたりの収入が年間約1,000ドルで、着実に減少している国にとっては多額の費用です。言い換えれば、貧しい南アフリカの住民にとって、死んだクロサイは生きているサイよりも比類のないほど価値があります。

残念ながら、この市場は自然な方法でそれ自体を修正することはできません。たとえば、自動車やパソコンが生産されているように、供給が減少していることに気付いた企業は、新しいクロサイを生産することはできません。実際、ここでは反対の力が働いています。クロサイが危険にさらされると、闇市場でその角の価格が上昇し、密猟者が最後に生き残った動物を追い詰めて殺すインセンティブがさらに高まります。悪循環は、多くの環境問題に共通する別の重要な点によって悪化します。ほとんどのクロサイは私有財産ではなく公有地です。素晴らしいように思えるかもしれませんが、実際には、この状況は解決するよりも多くの環境問題を引き起こします。すべてのクロサイが貪欲な牧場主の手に渡っていると想像してみてください。牧場主は、これらの動物の角が短剣の柄の製造用に特別に設計されていることは間違いありません。この農家は環境問題を全く気にしていません。彼は一般的にとても利己的で怒っている人なので、それが彼に喜びを与えるという理由だけで彼は時々彼の犬を蹴ることさえあります。貪欲な悪役は、彼のクロサイの群れが過去30年間で65から4000に減少するのを許したでしょうか?私の人生では決して!彼は、ほとんどの畜産農家の所有者がそうであるように、彼が常に市場に供給するための大量の供給を持っているように、熱心に繁殖し、注意深く動物を守っていました。そして、これは利他主義とは何の関係もありません-それはすべて、彼が自由に使える希少な資源の価値を最大化したいという各人の願望に関するものです。

公有資源の保護には、いくつかの固有の課題があります。まず、クロサイと並んで暮らす人々は、この地域の恩恵を受けていません。対照的に、サイやゾウなどの大型動物は、農地に甚大な被害をもたらすことがよくあります。地元の人の立場になってみてください。アフリカ人が北米のドブネズミの運命について突然真剣に懸念していること、そして彼らの保護戦略の重要な要素があなたの家でのこれらの生き物の保護と繁殖であることを想像してみてください。密猟者があなたのところにやって来て、ネズミがあなたの地下室のどこに巣を作っているかを正確に示すことと引き換えにあなたにお金を提供すると想像してみてください。あなたが選択するのは難しいことではないでしょう?世界中の何百万もの人々がクロサイやマウンテンゴリラなどの種の保護から恩恵を受けていることは間違いありません。しかし、これは明らかに問題の一部にすぎません。環境保護の負担を別の人や組織に移すことで、いくつかのメリットを簡単に得ることができます。たとえば、昨年、絶滅危惧種の保護に個人的にどのくらいの時間とお金を費やしましたか?

裕福な観光客を自然の生息地で珍しい野生動物を見に連れて行くことで大金を稼ぐ旅行代理店やサファリオペレーターは、彼らが言うように、誰かの手で暑さをかき集めたい人と同様の問題に直面しています。ある旅行会社は保全に多額の投資をしていますが、環境保護に一銭も費やしていない別の会社は、サイを救った最初の会社から利益を得ています。したがって、最初の会社は実際に市場で損失を被っています。彼女の自然保護への投資を回収するために、彼女はツアーをより高価に売る必要があります-またはより低い利益率で解決する必要があります。国家が環境保護において一定の役割を果たしていることは明らかです。しかし、サハラ以南のアフリカ政府は、せいぜい非常に限られた資源しか持たず、最悪の場合、非常に腐敗しており、まったく効果がありません。この状況で行動を起こす明確で強力なインセンティブを持っている唯一の当事者は密猟者です。密猟者は、サイの角を切り落とすためにサイを追跡して殺すことで真に王室の利益を上げています。これはすべて確かに気のめいるようです。

経済学は、クロサイやその他の絶滅危惧種をどのように救うことができるかについて、少なくともある程度の洞察を得るのに役立ちます。これを行うには、環境戦略は、クロサイの生息地の近くに住む人々のインセンティブを適切に調整する必要があります。人間の言葉に翻訳する:動物が死なずに生き続けることを望む特定の理由を地元住民に提供する必要があります。ちなみに、このアイデアは、今日出現しているエコツーリズムの基礎を形成しました。観光客が自然の生息地でクロサイを見たり写真を撮ったりするために多額のお金を払っても構わないと思っている場合、そしてさらに重要なことに、アフリカの国の住民が観光収入の一部を受け取っている場合、地元の人々はこれらの動物を保護し、保護します。この原則は、たとえばコスタリカではすでにうまく機能しています。コスタリカは、熱帯林や独自の生態系の他の要素を保護し、その領土の25%以上に国立公園を作りました。観光業は現在、この州の年収が10億ドルを超えています。これは、コスタリカの国民所得の11パーセントです。

残念ながら、別の絶滅危惧種であるマウンテンゴリラの場合は逆であることに注意してください。マウンテンゴリラは、本 『霧の中のゴリラ』(ロシア語に翻訳:霧の中のフォッシーD.ゴリラ)の著者であるダイアンフォッシーによってかつて栄光を与えられました。 M。:Progress、1990.-Ed。)科学者によると、今日、これらの動物の620個体だけが東アフリカのジャングルに残っています。この地域の国々(ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、コンゴ)は、観光事業を事実上破壊した無限の内戦に巻き込まれています。過去には、地元の人々はゴリラの個体数を熱心に維持していました。これらの動物を愛したり尊敬したりしたからではなく、ゴリラの生息地を構成する森林を伐採するよりも観光客からより多くのお金を稼ぐことができたからです。しかし今、この地域での暴力の急増により、すべてが変わりました。ある地元の人はニューヨークタイムズのインタビューで次のように述べています。「[ゴリラ]は観光客を連れてくるときに私たちにとって重要です。そうでなければ、それらは重要ではありません。観光客が来ない場合は、森で運試しをします。以前は良いウッドカッターでした。」

一方、環境当局は、経済学の根底にある前提とほぼ同じくらい基本的な別の奇妙なアイデアを実験しています。クロサイは角が信じられないほど有益であるために殺されます。角がなければ、おそらく動物を殺す理由はありません。これに基づいて、いくつかの場所で、環境保護論者はクロサイを捕まえ、角を切り落とし、野生に戻し始めました。その結果、サイは一部の捕食者からの保護が弱くなりますが、最悪の敵である人間に狩られる可能性は低くなります。このアプローチは機能しましたか?この問題に関するデータは矛盾しています。密猟者は、それほど積極的ではありませんが、角を失ったサイを殺し続けています。第一に、角のない動物を殺したので、密猟者は、次回、彼にとって役に立たないこの特定の角のないサイを探すのに時間を無駄にしないと確信することができます。第二に、あなたはカットダウンホーンの残されたもののためにいくらかのお金を得ることができます。さらに、残念ながら、死んだサイは、角がなくても、既存の角の在庫の価値が高まっているため、この種をさらに絶滅の危機にさらしています。

上記のすべてにおいて、方程式の2番目の側は割り引かれます-需要。絶滅危惧種の動物の革、角、骨の取引を許可する必要がありますか?ほとんどの人はこの質問に否定的に答えます。米国のような国では、サイの角のある短剣を作ることは違法であり、もちろん、そのような製品の全体的な需要が低下し、したがって、密猟者がこれらの動物を狩るインセンティブが低下します。同時に、反対の十分に根拠のある意見があります。一部の環境当局者は、合法的に収穫されたサイの角(または象の場合は象牙)の限られた取引は、2つのプラスの結果をもたらすと主張しています。そして第二に、それは違法な商品の市場価格を下げ、したがって、動物を殺したいという密猟者の欲求を和らげるでしょう。

他の複雑な政治的質問と同様に、正しい答えは1つではありませんが、この問題を解決する方法はいくつかあります。効果的なものもあれば、効果が低いものもあります。肝心なのは、クロサイを種として保存することは、少なくとも生物学と同じくらい経済学と関係があるということです。私たちは、クロサイがどのように繁殖し、何を食べ、どこに住んでいるかを知っています。今、私たちは人々に彼らを殺すことをやめさせる方法を見つけなければなりません。これには、クロサイではなく、人間の行動を理解する必要があります。

全文を読む:

ウェラン、チャールズ。裸の経済学。鈍い科学の暴露/ Charles Whelan;あたり。英語からO.クマ; [科学的。 ed。 E.コンドゥコフ]。 -M。:Mann、Ivanov and Ferber、2017.-- 384p。

トピックによって人気があります

人気の投稿