天文学者は天の川の中心にあるブラックホールのきらめきを記録しました

ビデオ: 天文学者は天の川の中心にあるブラックホールのきらめきを記録しました

ビデオ: 天の川を通過した謎の物体の正体とは? 2022, 12月
天文学者は天の川の中心にあるブラックホールのきらめきを記録しました
天文学者は天の川の中心にあるブラックホールのきらめきを記録しました
Anonim
Image
Image

天文学者は、天の川の中心にある超大質量ブラックホールであるいて座A *の準周期的なシンチレーションを記録しています。研究者によると、ミリメートルの範囲で観測された放射振動は、コンパクトなソースの周りの降着円盤のホットスポットの出現に関連している可能性があります。この記事はTheAstrophysical JournalLettersに掲載されました。

天の川銀河の中心部、太陽から約26千光年の距離に、コンパクトな電波源で座A *があります。これは、太陽質量が420万の超大質量ブラックホールである可能性が最も高いです。このタイプのオブジェクトは私たちに最も近いため、研究にとって非常に魅力的です。 20年以上の観測で、科学者たちはブラックホールがブラックホールに渦巻く高温ガスの降着円盤、より冷たい分子ガスの円盤、そして巨大な高温の星に囲まれていることを発見しました。さらに、研究者たちは射手座A *から発せられるラジオ、近赤外線、X線フレアを記録しましたが、それらが周期的であるかどうかの問題は長い間未解決のままです。

慶應義塾大学の岩田雄平らは、アタカマ大型ミリ波アレイ望遠鏡複合体を用いて、ミリ波電磁波でいて座A *を観測しました。天文学者は、1日70分間、10日間、銀河の中心にある線源から放出される放射線束の密度がどのように変化するかを記録しました。結果として得られた光度曲線で、科学者は2つの現象に気づきました。30分ごとに約1回発生する準周期的な振動と、より遅い1時間ごとの変動です。

研究の著者は、短時間の変動に焦点を合わせ、放射フラックスの変化の30分間は、半径0.2天文単位の降着円盤の内縁の回転周期に匹敵することを発見しました。比較のために、水星は平均距離0.4AUで太陽の周りを回転します。岩田氏のグループによると、光度曲線の変動は、超大質量ブラックホールの近くの円軌道を移動する高温ガスの磁気擾乱により、ホットスポットを引き起こした可能性があります。

天文学者は、この発見がブラックホールとその周りのガスの振る舞いについてもっと教えてくれることを望んでいます。一方、研究者たちは、降着円盤の内部がこのように急速に回転すると、事象の地平線望遠鏡(EHT)プロジェクトがいて座A *のすぐ近くの画像を取得できなくなるのではないかと懸念しています。 「動きが速ければ速いほど、被写体を捉えるのが難しくなります」と、慶應義塾大学教授で作品の作者の一人である岡智治氏は言う。

2019年、EHTプロジェクトは、活動銀河M87の中心にある超大質量ブラックホールの影を最初に見たものです。これはすべての天文学にとって画期的な出来事となりました。このような研究の背景については、記事「A Look intotheAbyss」で詳しく読むことができます。

トピックによって人気があります

人気の投稿