中国の月面車「Yuytu-2」は、月のクレーターの底にあるマントルから鉱物を発見しました

ビデオ: 中国の月面車「Yuytu-2」は、月のクレーターの底にあるマントルから鉱物を発見しました

ビデオ: 月の裏側で、奇妙な物を発見! 2022, 12月
中国の月面車「Yuytu-2」は、月のクレーターの底にあるマントルから鉱物を発見しました
中国の月面車「Yuytu-2」は、月のクレーターの底にあるマントルから鉱物を発見しました
Anonim
Image
Image

科学者たちは、月の裏側のクレーターに着陸した「嫦娥-4」ミッションの一環として、中国の月面車「ユイトゥ-2」によって収集されたサンプルの初期分析の結果を発表しました。この装置は、カルシウムは少ないが鉄、輝石、かんらん石が豊富な鉱物を検出することができました。これらの高密度化合物は月のマントルの一部であると予測されていますが、その地殻は斜長石クラスの軽い鉱物で構成されていると、研究者たちはジャーナルNatureに書いています。

月の大きさは十分に大きいので、それが溶けた岩の液体の海であった形成の初期段階で、その構成物質は、より密度の高いコア、軽い地殻、および中間特性のマントルに分裂することができました。同時に、月は十分に小さいため、急速に冷却されて元の形に固化し、地球のように活発なテクトニクスが出現する可能性を排除しました。このため、彼らの研究は惑星サイズの体の内部の進化を明らかにするのを助けることができるので、その内部は科学にとって非常に興味深いものです。

しかし、月に関する60年間の研究では、地殻の詳細な研究しかできませんでしたが、鉄やマンガンなどのより重い元素を含むはずのマントルは、直接の研究にはアクセスできません。現時点では、科学者はそれを形成する岩石の組成を知りません。

潜在的に、最大のクレーターを生じさせた隕石の落下は、地殻を突破し、月の表面にマントル物質の出現につながる可能性があります。月で最大かつ最古の衝突クレーターは南極エイトケン盆地で、反対側にあり、サイズは2千キロメートル以上、深さは約8キロメートルです。オービターを使用した研究では、深部からの岩石の存在の可能性が示されましたが、リモート測定では明確な結論を出すには不十分です。

2019年1月3日、中国の探査機嫦娥4号は、南極エイトケン盆地内にあるフォンカルマンクレーターに着陸しました。この装置は、月の裏側に着陸することに成功した最初の装置でした。搭載されていたのはYuytu-2月面車で、反射光を使用していくつかの土壌サンプルを調べました。

中国科学院のChunlaiLiと彼の同僚は、可視および近赤外分光計からのデータを処理した最初の結果を発表しました。研究されたサンプルは、月面の通常の材料とは大きく異なります。特に、科学者たちは、カルシウム含有量の少ない主にかんらん石と輝石に出くわしたという結論に達しました。

研究者たちは、これらの岩石はもともと月の上部マントルの一部であったが、衝撃波によって地表に投げ出され、その結果、南極エイトケン盆地が形成されたと示唆しています。この物質は、フォンカルマンに隣接する72キロメートルのフィンセンクレーターの形成中に再び再分配される可能性があります。

しかし、鉱物のスペクトル特性の複雑な性質と部分的な交差、および各サンプルにさまざまな化合物が存在するため、マントル内のさまざまな鉱物の相対的な存在量について本格的な結論を出すことは非常に困難です。得られたデータに基づいて。将来的には、科学者は比較的大きな石のサンプルも研究する予定であり、それはより自信のある結論につながるでしょう。

科学者たちは最近、アメリカの地震計からのデータを再分析し、内部の原因によって提供された小さな地震ショックがまだ月に発生しているという結論に達しました。研究者たちはまた、形成の初期段階では、月にかなりの量の水が含まれている可能性があるという考えを提唱しました。

トピックによって人気があります

人気の投稿