2日齢の胚の細胞に見られる違い

ビデオ: 2日齢の胚の細胞に見られる違い

ビデオ: 高校生物【第54回 体細胞分裂と減数分裂】オンラインで高校授業 2022, 12月
2日齢の胚の細胞に見られる違い
2日齢の胚の細胞に見られる違い
Anonim
Image
Image

4つの割球の段階での胚

英国とベルギーの科学者は、将来の運命を決定する胚細胞の違いが、胚が4つの細胞だけで構成されている受精後2日目にすでに観察されていることを発見しました。彼らの調査結果はジャーナルCellに掲載されています。

ケンブリッジ大学、欧州生物情報学研究所、およびルーベンカトリック大学の研究者は、子宮壁に着床する前に、28個のマウス胚のすべての細胞(割球)のトランスクリプトームシーケンスを実行しました。この期間中、同じ構造の分裂中の幹細胞からなる胚は、どの細胞が将来の生物のすべての組織の多能性前駆細胞になり、胚体外膜になり、胎盤の材料として機能するかを「決定」する必要があります。

個々の細胞のトランスクリプトーム解析は、2、4、8、16、および32個の割球からなる胚で実行されました。すでに2日齢の4細胞胚では、細胞内の転写調節因子の発現が著しく異なることが判明しました。最大の不均一性は、Sox21転写因子の発現で観察され、Sox21転写因子は、Oct4、Sox2、およびCdx2レギュレーターと相互作用します。

Sox21レベルが低い細胞では、Cdx2の早期発現と過剰発現が起こり、胚体外経路に沿って細胞の発達が誘導されます。したがって、Sox21レベルが高い細胞は、多能性になり、胎児を形成する可能性が高くなります。

科学者たちはまた、Sox21の発現がヒストンH3をメチル化する酵素CARM1によって増加することを発見しました。したがって、胚性細胞の初期の不均一性の調節は、特に後成的に起こる。

トピックによって人気があります

人気の投稿