科学者たちは百万種の動植物の絶滅を脅かしています

ビデオ: 科学者たちは百万種の動植物の絶滅を脅かしています

ビデオ: なぜ今、生物多様性が問題なのか 2022, 12月
科学者たちは百万種の動植物の絶滅を脅かしています
科学者たちは百万種の動植物の絶滅を脅かしています
Anonim
Image
Image

生物多様性および生態系サービスに関する政府間パネル(IPBES)による新しい報告書の要約によると、環境への人間の影響は前例がなく、動植物の絶滅が加速しており、推定800万種のうち最大100万種が絶滅の危機に瀕しています。 )、レポートのコピーはN +1で利用できます。

IPBESは、気候変動に関する政府間パネルとの類推によって作成され、意思決定者に生物多様性保全の問題に関する科学的情報を提供することを目的としています。パリでの定期的な会合で、IPBESは政治家のための報告書の要約を承認した(要約のテキストは本会議で合意され、報告書自体は科学者によって書かれている)。この種の最初のレポートは、過去3年間で50か国から145人の著者によって作成されました。 IPCCと同様に、このレポートは15,000の公開された情報源をまとめたものであり、独自の科学的研究ではありません。

報告書の要約の著者である生物多様性に影響を与える重要な要因は、土地利用の変化、生物の直接使用(狩猟など)、気候変動、環境汚染、侵入種の蔓延を(重要度の高い順に)引用しています。種族。

報告書の要約では、現時点で、人間は土地の約75%の外観を大きく変えており、何らかの形で世界の海の40%に影響を与えていることが指摘されています。たとえば、2000年までに、人類は1700年の時点で存在していた沼地の85%以上を破壊しました。さらに、現在、土地表面の3分の1以上が農業に使用されています(氷のない土地全体の12%が植物の栽培に使用され、25%が放牧に使用されています)。商業漁業は世界の海の55%以上で行われており、2015年の時点で商業漁業の約3分の1が持続不可能なレベル、つまり過度に漁獲されています。合計すると、1人の人が年間約600億トンの再生可能および再生不可能な資源を抽出します。これは、1980年のほぼ2倍です。

報告書の著者によると、550万種の昆虫を含む800万種の動植物のうち、今後数十年を含めて最大100万種が絶滅の危機に瀕している(この問題に関するデータは互いによく一致していますが、明確な結論を出すには十分ではありません)。

Image
Image

両生類の40%以上、サンゴ礁のサンゴの33%、海洋哺乳類の3分の1以上が危険にさらされています。昆虫に関するデータは少ないですが、種の10パーセントが絶滅の危機に瀕していると推定されています。 16世紀以降、少なくとも680種の脊椎動物が絶滅しました。平均して、そのような推定のために十分に研究された動植物のすべてのグループについて、絶滅は種の25パーセントを脅かしています。 1870年代以降、私たちはすべてのサンゴ礁の約半分の面積を失いました。同時に、そのような記録を保持している21か国の侵入種の数は、1970年以来70%増加しています。

現在、森林は産業革命前(19世紀半ば)の評価地域の約68パーセントを占めています。新しい農地の半分は森林伐採によるものです。同時に、一般的に、1990年以降、伐採のための管理林を除いた純森林損失は50%減少し、1990年から2015年の植林面積は1億1,000万ヘクタールに達しました。しかし、人類は手付かずの森林(人間の影響を受けずに500平方キロメートル以上の森林面積)で進歩し続けています:そのような森林の面積は2000年から2013年に7パーセント減少しました。

報告書はまた、人類は2020年の20の生物多様性目標のほとんどを達成せず、その損失は、貧困と飢餓の根絶に関連して、報告書の著者によって評価された44の国連持続可能な開発目標のうち22の達成を脅かしていると述べています。健康、淡水、都市、気候、海、そして土地。科学者たちは状況はまだ変わる可能性があると信じていますが、これにはすべてのレベルで生物多様性政策の体系的な変更が必要になります。

2018年、生物学者は、哺乳類の現在の絶滅率では、生物多様性が回復するのに300万年から500万年かかると推定しました。また、現在絶滅が止まり、再び種が消えることがなくても、大量絶滅が始まる前の生物多様性が回復するまでには約50万年かかります。

トピックによって人気があります

人気の投稿