記録サンプルは、自閉症と思考の「男性的な」特徴との関連を確認しました

ビデオ: 記録サンプルは、自閉症と思考の「男性的な」特徴との関連を確認しました

ビデオ: アスペルガーは『かわいい』と言われることが多い?【ASD・自閉症スペクトラム】 2022, 12月
記録サンプルは、自閉症と思考の「男性的な」特徴との関連を確認しました
記録サンプルは、自閉症と思考の「男性的な」特徴との関連を確認しました
Anonim
Image
Image

ルーカス・クラナッハ長老「アダムとイブ」(詳細)、1526年

アメリカの科学者は67万人以上のサンプルを分析し、自閉症スペクトラム障害に特徴的な兆候の存在が、情報を整理したいという欲求の高い指標と共感する能力の低い指標と相関していることを発見しました。したがって、科学者は共感体系化の理論を支持してデータを収集することができました。これは、「男性的な」思考特性を持つ人々が自閉症になりやすいことを間接的に示しています。この記事は、全米科学アカデミーの議事録に掲載されました。

共感-体系化(英語の共感-体系化)の理論は、人々の行動は、一方では共感する能力(他の人が感じることとそれに対応する反応を理解する)、そして体系化したいという願望に従って分類できると主張しています情報(論理的な結論を分析して構築します)。この理論の枠組みの中で、健康な人口の中で、女性は共感の尺度でより多く得点し、男性は体系化の尺度でより多く得点することが示されました。この理論の拡張である「極端な男性の脳」は、自閉症スペクトラム障害のある人は、共感-体系化のスケールでより「男性的な」特性を持っている可能性が高いと主張しています。つまり、共感する傾向が少なく、体系化する傾向があります。情報。

一方で、この理論は、女性よりも男性の方が自閉症スペクトラム障害の人が多いという事実を説明しているのかもしれません。一方、現在存在するすべての研究は十分に小さいサンプルで実施されたため、得られた結論を母集団全体に適用することはできません。新しい作品では、共感体系化の理論の著者であるカリフォルニア大学のサイモン・バロン・コーエンが率いる科学者は、性別、共感と体系化の能力、および存在への素因の間の関係の仮説をテストすることを決定しました自閉症スペクトラム障害の。これを行うために、彼らは671,606人の情報を分析しました。そのうち36,648人は自閉症スペクトラム障害を持っていました。

主な指標として、科学者は共感、体系化、自閉症の素因の存在、および知覚の質の尺度での評価を選択しました(たとえば、自閉症スペクトラム障害の人々は過敏症を特徴とすると考えられています)。科学者たちは、女性は共感と知覚の質のスケールで、そして男性の場合は体系化と自閉症のスケールでより高いスコアによって特徴付けられることを発見しました。同時に、指標は相互に相関していました。たとえば、共感尺度の指標と自閉症尺度の指標は、安定した逆相関(係数-0.59)によって特徴づけられました。同時に、科学者によると、自閉症スペクトラム障害のある人は、性別を問わず、あらゆる点で「男性型」に近いとのことです。その後、著者らは、14,354人のサンプルにデータを複製し、そのうち226人が自閉症スペクトラム障害を患っていました。研究者たちはまた、共感スコアとランキングスコアの違いが、自閉症スペクトラム障害の兆候の存在の違いの約43パーセントを説明していることを発見しました-性別の約19倍です。

Image
Image

対照群の自閉症の女性(赤)、自閉症の男性(緑)、女性(ターコイズ)、男性(紫)の自閉症、体系化、共感、知覚のスケールでの指標の分布密度のグラフ

したがって、彼らのデータで、研究者は彼らの仮定を確認することができました。まず、女性は実際には男性よりも共感の尺度で高いスコアを獲得し、男性は体系化の尺度でより多くのポイントを獲得します。第二に、共感と体系化の尺度の違いで人をタイプに分けると、共感しがちな人は女性が増え、「体系化された」人はもっと増える。男性。研究者たちはまた、自閉症スペクトラム障害を持つことは体系化する素因と強く関連していること、そしてこの指標は特定の性別よりも強く関連していることを確認しました。最後に、著者らはまた、男性が女性よりも自閉症スペクトラム障害の思考パターンを持っていることを確認することができました。

一般に、この研究は、自閉症スペクトラム障害の存在に対する人々の素因を評価する際に共感体系化の理論を使用することの妥当性を示しています。また、研究者たちは「極度の男性の脳」の理論の妥当性を確認することができました。研究の限界として、研究者たちは参加者自身から提供された情報に依存しており、将来的には、得られたデータは、重度の認知障害を持つ自閉症スペクトラム障害の人々のサンプルでもテストする必要があると述べています。

今年、バロン・コーエンが率いるグループは、共感の変動が統合失調症を含む特定の精神状態への遺伝的素因に起因することも示しました。約5万人が、ゲノムワイド関連解析の研究に参加しました。

トピックによって人気があります

人気の投稿