最初の惑星間キューブサットは、100万キロメートルの距離から地球を撮影しました

ビデオ: 最初の惑星間キューブサットは、100万キロメートルの距離から地球を撮影しました

ビデオ: やってみた!日本初iPhoneを成層圏に飛ばし地球を撮影, 基本コメント返します。Oh gosh, Flat Earth people comes... and say random words. 2022, 12月
最初の惑星間キューブサットは、100万キロメートルの距離から地球を撮影しました
最初の惑星間キューブサットは、100万キロメートルの距離から地球を撮影しました
Anonim
Image
Image

マーズキューブワンミッションの最初の惑星間キューブサット衛星は、私たちの惑星から100万キロメートルの距離から撮影された地球と月の写真を送信しました。これは、NASAのWebサイトで公開されているプレスリリースに記載されています。

マーズキューブワン(またはMarCO)プロジェクトは、2018年5月5日に宇宙への打ち上げに成功した新しいInSight無人宇宙ステーションの科学プログラムの追加部分です。彼女は2018年11月末に惑星の表面に着陸し、火星の土壌に5メートルの井戸を掘削するなど、惑星の内部構造の研究を数年間行う予定です。 InSight科学機器がどのように機能するか、およびミッションのその他の詳細については、記事「赤い惑星の深さに潜むもの」で読むことができます。

Image
Image

MarCOミッションcubesatデバイス

MarCOミッションの一環として、2つの同一の6Uキューブサット衛星(36、6 x 24、3 x 11、8 cm)が火星に行きました。彼らは、火星の軌道には入らないが、惑星の表面から3500キロメートルの最小距離で飛行する間、オープンスペースに打ち上げられた後、主要な車両から分離し、他の軌道に沿って赤い惑星に向かった。衛星には、ソーラーパネル、リチウムイオン電池、Xバンドアンテナ、電波波長デシメータで動作するアンテナのほか、広角レンズと狭角レンズを備えた2台のカラーカメラと、圧縮ガスを使用した姿勢制御システムが装備されています。推進システム..。

地球と月の画像は、高利得アンテナの展開と正しい向きを確認する一環として、MarCO-Bキューブに取り付けられたカラー魚眼カメラによって5月9日にキャプチャされました。調査の時点で、1対の衛星が私たちの惑星からほぼ100万キロメートル離れていました。

Image
Image

5月9日に撮影された画像の地球、月、およびMarCO-Bキューブサットの要素。

このプログラムの目的は、深宇宙でのこのタイプの宇宙船の存続可能性をテストし、それらに基づいて惑星間通信システムを構築する可能性を実証することです。 2つのcubesatの主なタスクは、火星の表面での降下および着陸段階でのInSight宇宙船から地球への運用データ転送であり、予想されるデータ転送速度は毎秒8キロビットです。それにもかかわらず、InSightミッションと地球との通信の主な負荷は、火星偵察オービターと地上望遠鏡にあり、キューブサットを使用した通信は実験的な性質のものになります。

惑星間ミッションの宇宙船はしばしば地球を撮影します。たとえば、ボイジャー1号は、有名なペイルブルードットの画像を5、90億キロメートルの距離から撮影しました。 40年以上前に立ち上げられた惑星間ステーションの詳細については、資料「3,760,000リーグアバブザウォーター」をご覧ください。

トピックによって人気があります

人気の投稿