経頭蓋AC刺激は一時的に失読症を緩和します

ビデオ: 経頭蓋AC刺激は一時的に失読症を緩和します

ビデオ: 【脳卒中にも応用】tDCS(経頭蓋直流刺激)がもたらす一次運動野への持続的効果 2022, 12月
経頭蓋AC刺激は一時的に失読症を緩和します
経頭蓋AC刺激は一時的に失読症を緩和します
Anonim
Image
Image

神経科学者は、聴覚皮質のガンマリズム障害と失読症の音素を知覚することの難しさとの因果関係を証明しました。経頭蓋交流刺激を使用して、科学者はこれらのリズムを回復し、失読症の患者は一時的に音素をよりよく区別し、より少ないエラーで読むようになりました。この記事は、ジャーナルPLoSBiologyに掲載されました。

失読症の人は、読み書きができません。つまり、音素(音)と書記素(文字)を一致させることができません。病気の正確な病因は不明ですが、最も可能性の高い原因は音韻の欠陥であると考えられています-音節から個々の音素を分離して名前を付けることができないこと。

短い音を区別するには、聴覚システムが30〜40ミリ秒の持続時間で信号を知覚できる必要があります。理論計算によると、約25〜35ヘルツの神経リズムがそのようなサンプリングレートに対応し、失読症の人では左聴覚野(音声知覚の中心が位置する)のリズムが乱されるのはこの範囲です。さらに、そのような患者では、音声知覚の半球間の非対称性が乱されます-形態学的に、左聴覚皮質はあまり発達しておらず、左半球は通常よりも目立たない音声に反応します。非対称性のそのような逸脱は、音韻の欠陥と相関します。これは、失読症が聴覚皮質の遅いガンマリズムの違反の結果である可能性があることを意味します。

ジュネーブ大学のSilviaMarchesottiとAnne-LiseGiraudが率いる米国、フランス、スイスの神経科学者は、失読症と聴覚野のガンマリズムとの因果関係を確立することを決定しました。これを行うために、科学者は非侵襲的方法、つまり交流による経頭蓋刺激を使用してこれらのリズムを回復しました。 30または60ヘルツの周波数で2ミリアンペア以下の電流で20分間30人のボランティア(失読症の15人と通常の読書の15人)が左聴覚野を刺激しました-そのような衝撃が同じ周波数。

刺激の前、直後、および1時間後、被験者は音素を読んで知覚するための一連のテストに合格しました。さらに、脳波記録(EEG)を使用した電気刺激の前後に、28〜64ヘルツの周波数の純粋な音の知覚に基づいて聴覚野の活性化を評価しました。

失読症の患者では、左聴覚野の30ヘルツでのEEG信号のパワーは、失読症のない人よりも弱かった(p <0.05)が、右半球では同じでした。 30ヘルツの周波数で刺激した後、このリズムの力は失読症のボランティアの左上側頭回で増加し(p <0.01)、音の知覚に関するタスクでの左半球の優位性が回復しました。健康な参加者または60ヘルツでの刺激では、30ヘルツでの聴覚皮質の活動は変化しませんでした。

刺激後、患者は音素(音節ではない)をよりよく区別し始め、より少ないエラーで読み始めました(p <0.05)。改善は最初は読解力が乏しい人でより顕著であり、刺激後の優れた読者はわずかに読解力が低下し始めました。手順の結果、読み取り速度は向上しませんでしたが、わずかに低下しました。確かに、1時間後、刺激の効果は検出できなくなりました。読みの正確さと音素を区別する機能の両方が基本レベルに戻りました。

科学者は、聴覚野の遅いガンマリズムと音素を分離する能力との因果関係を最初に証明し、そのような周波数のリズムが音節全体ではなく音素の処理に正確に関連していることも示しました。結果は、神経生理学的レベルで失読症の症状を修正または少なくとも軽減するための新しいアプローチを開きます。

経頭蓋AC刺激は比較的研究が不十分な方法ですが、さまざまな問題を解決するために試みられています。たとえば、交流を使用して前頭葉のアルファリズムの同期を復元すると、うつ病の症状を緩和するのに役立ちます。

トピックによって人気があります

人気の投稿