妊娠中に病気になった母親は、コロナウイルスを新生児に感染させませんでした

目次:

ビデオ: 妊娠中に病気になった母親は、コロナウイルスを新生児に感染させませんでした

ビデオ: 実録“出産の現場” 妊娠中に感染した母「赤ちゃんに会えない・・・」 2022, 12月
妊娠中に病気になった母親は、コロナウイルスを新生児に感染させませんでした
妊娠中に病気になった母親は、コロナウイルスを新生児に感染させませんでした
Anonim
Image
Image

1.04を更新します。

武漢の小児病院の従業員からの新しいデータによると、新生児はまだCOVID-19に感染しています。子供たちが母親からウイルスを受け取ったという直接的な証拠はありませんが、1人の患者がすでに出生時に症状を示していることを考えると、子宮内感染の可能性を排除することはできません。中国の医師は、母親が妊娠中にCOVID-19に感染した新生児で新しいコロナウイルスを発見しませんでした。これらの患者の説明は、Frontiers inPediatricsに掲載されています。記事は4例のみを扱っていますが、原則として妊婦からウイルスが伝染しない可能性があります。

明らかに、新しいコロナウイルスSARS-CoV-2の主な既知の感染経路は空中飛沫であり、呼吸器症状のない人が他の人に感染する可能性があることはまだ証明されていません。また、ウイルスが子宮内で母から子に感染する可能性があるかどうかも完全には明らかではありません。

武漢ユニオン病院のスタッフは、施設で生まれた4人の新生児をPCRで確認されたCOVID-19診断を受けた女性に監視しました。 3人の母親は、子供たちもコロナウイルス感染の存在について検査されるべきであることに同意しました。 4番目のSARS-CoV-2は検出されませんでしたが、彼がどのように感じ、特徴的な症状があるかどうかが記録されました。

入院時に、4人の女性全員がCOVID-19の兆候を示しました:発熱(3人)、咳、筋肉痛、脱力感(各症状は2人)。すべてのC反応性タンパク質レベルが上昇し(炎症の兆候)、リンパ球数が減少しました(<1.1 x 109 /リットル)。女性の1人のパートナーもコロナウイルスに感染していました。

1つの例外を除いて、女性は妊娠中にCOVID-19の直接の影響を受けませんでした。彼女の胎児の動きがよりまれになったと報告したのは1人だけでした。 3人には帝王切開があり、1人には通常の方法で赤ちゃんがいました。すべてが時間通りに生まれ(37〜39週間)、体重は3,000グラム以上でした。

母親の病気のため、すべての子供(3人の男の子と1人の女の子)はすぐに隔離され、人工給餌に移されました。それらのすべては、生後1分と5分でアプガースケールで高得点(7-9)を示しました。 2人の新生児は完全に健康でした。他の2つは原因不明の発疹がありましたが、治療せずに数日で消えました。そのうちの1人は急速に浅い呼吸をしていましたが、CPAP(人工呼吸器)で3日後に正常に戻りました。

子供のコロナウイルスを検出するためのサンプルは、生後3日で鼻咽頭から採取されました。すべてがネガティブであることが判明しました。新生児では、発熱、咳、下痢は見られませんでした。退院時には、母親も子供(SARS-CoV-2の検査を受けていない子供を含む)も感染の兆候を示さなかった。このデータの組み合わせに基づいて、著者らは妊娠中の子供からのCOVID-19の感染はありそうもないと判断しました:それはまったく起こらないかもしれません。

以前、武漢の別の病院の医師は、9人の妊婦とその子供たちのCOVID-19の状態を遡及的に分析しました。彼らは、新生児への感染の伝播の症例を発見しませんでした。しかし、その研究は、乳児の状態ではなく、妊娠の最後のトリメスターにおけるコロナウイルス感染の経過に焦点を合わせていました。

小児では、COVID-19が重症になることはめったにありません。広州医科大学の科学者が発見したように、コロナウイルス感染の小さな患者は発熱や咳がないかもしれませんが、SARS-CoV-2RNAは感染後長い間彼らの糞便で検出されます。

トピックによって人気があります

人気の投稿