激しい身体活動は男性の死亡率を増加させませんでした

ビデオ: 激しい身体活動は男性の死亡率を増加させませんでした

ビデオ: ノゲノラ11発売記念配信【第3回】 2022, 十一月
激しい身体活動は男性の死亡率を増加させませんでした
激しい身体活動は男性の死亡率を増加させませんでした
Anonim
Image
Image

アメリカの科学者は、激しい身体活動(週に9.6 km / hの速度で少なくとも5〜6時間のランニング)は、レベルの上昇に関連しているにもかかわらず、男性のすべての原因による死亡のリスクを増加させないことを発見しました動脈におけるカルシウム沈着の影響..。記事はジャーナルJAMACardiologyに掲載されました。

定期的な身体活動は、一般的に、肥満、さまざまな原因による早死のリスクを防ぎ、健康レベルを維持するために有益です。しかし、節度も重要です。一部の研究では、激しい運動と、冠状動脈性心臓病の最も一般的な兆候の1つである冠状動脈石灰化(動脈内のカルシウム沈着)のリスクとの関連性が指摘されています。

しかし、アスリートの健康と生存に対する激しい運動の悪影響に関する現在のすべての研究は、関係について正確な結論を提供していません-主に参加者の数が少ないためです。新しい研究では、テキサス大学サウスウエスタンメディカルセンターのベンジャミンレバインが率いる科学者が、最初の時点で、21,758人の男性(さまざまなダイナミクスと死因のために分析に女性を含めないことが決定されました)に関するデータを研究しました観察の平均年齢は50歳でした。男性の身体活動と健康に関するデータは1998年から2013年まで収集され、その後、参加者の死亡に関するデータは2014年末まで記録されました。

カルシウム沈着のレベルは、動脈の石灰化の程度を示すアガットストン指数(冠状動脈カルシウム指数)が計算されたコンピュータ断層撮影法を使用して評価されました:0から100までのスコアは軽度の病変を示し、 100-中等度から重度の病変。参加者の身体活動は、週に数分で実行される運動の代謝当量を計算することによって評価されました。これは、人の体重に対して消費されるエネルギーの客観的な尺度です。この研究での集中的な身体活動は、時速9.6kmの速度で最低5〜6時間走ることに相当すると見なされました。

観察期間中に、759人の研究参加者がさまざまな原因で死亡し、180人が心血管疾患で死亡しました。科学者は、アガットストン指数の最高の指標(100以上)が最も活動的な男性の中にあったにもかかわらず、激しい身体活動を発見しました。心血管疾患を含むすべての原因による死亡のリスクを増加させませんでした。

したがって、著者らは、冠状動脈石灰化を発症するリスクと明確な関係があるとしても、激しい身体活動は健康に致命的な害を及ぼさないという結論に達しました。

スポーツをする時間がない人にとっては、活発なウォーキングが役立ちます。昨年の夏、科学者たちは、それがあらゆる原因による死亡のリスクを減らすことを発見しました。

トピックによって人気があります

人気の投稿