ウォルマートは無人スクラバー乾燥機のテストを開始しました

ビデオ: ウォルマートは無人スクラバー乾燥機のテストを開始しました

ビデオ: 無人でスイスイ 業務用床洗浄機 ソフトバンク系が発売 2022, 12月
ウォルマートは無人スクラバー乾燥機のテストを開始しました
ウォルマートは無人スクラバー乾燥機のテストを開始しました
Anonim
Image
Image

アメリカの小売業者ウォルマートは、新しい自律型スクラバー乾燥機のテストを開始したとフォックスビジネスは報じた。ロボットは、アーカンソー州ベントンビルにある本社近くの5つの店舗でテストされています。小売チェーン向けの無人スクラバー乾燥機は、アメリカの新興企業BrainCorpによって開発されました。

最新のテクノロジーにより、ほぼすべての機器を自律的にすることができます。ビジネスの観点から、無人機は特定のタスクに関与するスタッフを減らし、特定の操作をスピードアップすることができます。まとめると、これによりコストを削減できます。

標準のRS26マシンに基づく新しいスクラバーロボットは、Emmaという名前です。ロボットの自律移動システムには、カメラ、超音波センサー、LIDARが含まれます。これらのセンサーのおかげで、無人スクラバーは顧客にぶつかることなく店内の棚の間を移動できます。

エマロボットの長さは1.7メートル、幅は0.8メートル、高さは1.4メートルです。機械には、それぞれ109リットルの容量の2つのタンクが装備されています。 1つのタンクには床掃除液が入っており、もう1つのタンクには操作中に床から破片や汚れた溶液が吸い上げられます。自律モードでは、エマは時速4キロメートルまでの速度で移動できます。

ロボットは、操作中に床を洗う店舗の地図を作成し、すでに処理した領域にマークを付けます。製造業者は、車内の床の清浄度制御システムの存在を報告していません。エマは手動制御に切り替えることができます-その後、オペレーターは機械の座席に座る必要があります。手動モードでは、エマは時速6.4キロメートルまでの速度で移動できます。

Brain Corp.によると、同社の床掃除ロボットは、米国の50のショッピングモール、空港のキャンパス、製造施設ですでに使用されています。現在、2018年半ばまでに床掃除ロボットを日本に出荷するための交渉が進行中です。

今年の8月、ウォルマートは、顧客向けの商品を備えた複数のドローンを運ぶことができる「空母」の特許を申請しました。説明によると、新しいデバイスは飛行船の形で作られ、特定のエリアを移動できるようになります。

新しい飛行船はガス、おそらくヘリウムで満たされているはずです。デバイスは、区画に分割された特別なサスペンションを受け取り、その中に小包付きのドローンが配置されます。飛行船は地上の配達計画サーバーと連絡を取り合い、指定されたスケジュールでドローンを解放します。

「空母」は305メートルの高さまで上昇すると想定されています。ドローンがこの高度から発射されると、飛行範囲がわずかに増加します。ターゲットの方向に降下するため、デバイスは地上から開始した後の通常の飛行よりも少ないエネルギーを消費します。

トピックによって人気があります

人気の投稿