爪のある足は無人飛行機が壁に着陸するのを助けました

ビデオ: 爪のある足は無人飛行機が壁に着陸するのを助けました

ビデオ: 【驚異のAI搭載ドローン】米軍の自律飛行無人機グレムリン(Gremlins) 2022, 12月
爪のある足は無人飛行機が壁に着陸するのを助けました
爪のある足は無人飛行機が壁に着陸するのを助けました
Anonim
Image
Image

カナダのシャーブルック大学のエンジニアは、粗い垂直面に着陸できる航空機タイプの新しい無人航空機を開発しました。 IEEEスペクトラムによると、垂直面に着陸するために、S-MADと呼ばれる無人航空機には、突き出た脚(スポーク型のサポート)が装備されていました。その端には、爪の付いたプレートがあります。これらの爪で、ドローンは壁にしがみついて保持します。

一部の研究者は以前、非垂直壁にドローンを着陸させることに成功しました。たとえば、2015年に韓国人によって提示されたドローンは、壁を押してしばらくの間そのようにぶら下がることができます。ただし、すべての場合において、壁に着陸できるデバイスについて話しているときは、マルチコプターを意味し、その設計はホバーモードを提供します。航空機タイプのドローンは、速度が臨界マークを下回るとすぐに失速するため、このような体制はありません。

シャーブルック大学の研究者は、速度がほぼゼロの着陸時に翼を使って揚力を生み出すことができる鳥に触発されたS-MADドローンを開発しました。無人航空機は、曲技飛行の「ベル」の実行と同様に、水先案内の原理を使用しています。実行されると、飛行機は機首上げになり、いずれかの軸に沿った速度はゼロに等しいか、ほぼゼロになります。このハングは、エンジンの推力とバランスが原因で発生する可能性があります。

S-MADは、垂直面に近づくと、エルロンとエレベーターによって、最初の軌道に対してほぼ垂直な位置をとるようにトリガーされます。同時に、彼は最初に高さを増やさないために電気モーターの速度を下げますが、一般的な水平方向の動きを続け、次に希望の高さにとどまるためにそれらをわずかに上げます。装置は慣性によって壁に押し付けられ、その後エンジンを停止し、爪にぶら下がったままになります。離陸は、電気モーターをオンにするだけで行われます。

テスト中、S-MADは20回のうち20回の着陸に成功しました。同時に、車両はさまざまな水平速度で垂直着陸に近づきました。開発者によると、新しい着陸技術は、ソーラーパネルを動力源とする長距離飛行ドローンに役立つとのことです。主砲の充電を使い果たしたそのような装置は、壁に​​着陸し、ソーラーパネルで充電されて飛ぶ可能性があります。

以前は、鳥が速度と着陸をすばやく消す能力は、英国の企業BMT DefenseServicesとブリストル大学の研究者に触発されていました。今年の3月、彼らは短縮された鳥のようなソフトランディングが可能な航空機型ドローンの開発を発表しました。この着陸方法により、滑走路から航空機のドローンを「解く」ことが可能になります。たとえば、デバイスは船のヘリポートに鳥のように着陸できるようになります。

英国の開発者は、翼の形状変更技術と機械学習を使用して、小さな領域に着陸できる航空機タイプのドローンを作成しました。新しい車両の翼はいくつかのセクションに分かれています。着陸直前の翼コンソールの端に沿って配置された極端なセクションは、固定されたルートパーツに対して上向きに回転し、それらに対してわずかな角度で取り付けることができます。

着陸前に外側の翼部分が回転した結果、車両は移動方向に垂直な位置をすばやく取得し、すべての空力面がエアブレーキとして機能し始めます。このような操作では、空気の流れの深い失速が発生します。つまり、空力面の周りの層流が停止し、それらの支持力が失われます。自然界では、鳥はすばやく着陸する必要があるときにこの操作を使用します。

トピックによって人気があります

人気の投稿