アウディは第3レベルの無人機を示した

ビデオ: アウディは第3レベルの無人機を示した

ビデオ: 無人航空機の未来 - The Future of UAV Over the US 2022, 十一月
アウディは第3レベルの無人機を示した
アウディは第3レベルの無人機を示した
Anonim
Image
Image

セダンA8

ドイツの自動車会社アウディは新しい2018A8セダンを発表し、ヨーロッパでの販売は今年11月に開始される予定です。 IEEE Spectrumによると、同社はすでにA8が第3レベルの自動操縦システムを備えた世界初の量産車になることを発表しています。このシステムはAI交通渋滞パイロットと呼ばれます。

これまでに無人機の自律性は6段階に渡って決定されています。ゼロレベルではドライバーが完全に制御し、第5レベルでは人間の介入なしに完全に独立して移動します。 A8に実装されている3番目のレベルは、車が道路の1車線内でドライバーの制御なしに移動できることを前提としています。

AI Traffic Jam Pilotシステムにより、新しいセダンは60km以内で無人モードで運転できます。アウディは、動きの単調さを自動システムに委ねることができるときに、このシステムを交通渋滞のアシスタントとして位置付けています。アウディオートパイロットのスペースコントロールは、12個の超音波センサー、5個のカメラ、5個のレーダー、赤外線カメラ、およびLIDARによって提供されます。

外部センサーからのデータは、カメラからの画像を処理するMobileye GPUと、情報を処理して無人モードで車両を運転するNvidiaオンボードコンピューターに送信されます。無人モードでも、A8は常にドライバーを監視していることに注意してください。ドライバーが眠りに落ちると、車はドライバーを起こそうとし、起こさない場合は停止します。

カーアンドドライバーが指摘したように、AIトラフィックジャムパイロットシステムは、最初の生産アウディA8では使用されません。 2018年、おそらく2019年まで、オンにすることはできません。アウディによれば、これは意図的に行われたもので、現在の道路法では車両を無人モードで運転することは許可されていません。

一方、今年の6月上旬、日本企業のホンダは、2025年までに第4レベルの自律性を備えた自動運転車を開発する意向を発表しました。同社の八郷隆弘社長によると、2020年代半ばにはすでに量産されて公道を走っているとのこと。

自律性の第4レベルは、車が市内で完全に独立して移動できることを前提としています。ホンダはアキュラRLXエグゼクティブセダンで無人技術をテストしています。無人車両のプロトタイプには、ステレオカメラとライダーの2つの中距離および長距離レーダーがあります。これらのシステムは、3D地形マッピングに使用されます。

トピックによって人気があります

人気の投稿