世界初の「グリーン」ボートが6年間の航海に出ました

世界初の「グリーン」ボートが6年間の航海に出ました
世界初の「グリーン」ボートが6年間の航海に出ました
Anonim
Image
Image

セーヌ川のエネルギーオブザーバー

フランスの愛好家がかつてのレーシングボートに基づいて作った「グリーン」カタマランエネルギーオブザーバーは、2017年6月15日に世界中を6年間航海しました。 AP通信によると、この船は、代替エネルギー源のみを動力源として、パリの港から出港したとのことです。その周回航海中に、「緑の」カタマランは50か国で101回停泊します。

現代の船舶や内燃機関を搭載した船舶の圧倒的多数は、海軍の燃料油からディーゼル燃料まで、さまざまな種類の燃料で動作します。同時に、一部の国では、天然ガスバイオ燃料を含む代替燃料への船舶の切り替えの可能性をすでに検討しています。

フランスのカタマランエネルギーオブザーバーの長さは30.5メートルです。もともと1983年に建造されたこの船は、フランスのスキッパーであるフレデリック・ダイレルとビクトリアン・ヘロウサード、そしてスキューバダイバーのジェローム・デラフォスによって購入され、再設計されました。エネルギーオブザーバーの開発には約500万ユーロかかりました。

カタマランは、ウォーキングに3種類の代替エネルギーを使用します。そのため、ソーラーパネルは、車載システムや電気モーターに電力を供給し、晴れた日にバッテリーを充電する役割を果たします。さらに、カタマランには風力発電機が装備されています。最後に、搭載システムは水素燃料電池を動力源としています。

搭載システムに電力を供給することに加えて、ソーラーパネルと風力発電機は水の電気分解のために電気を生成し、それが水を酸素と水素に分解します。分離システムを通過した後、水素は水素燃料電池に供給されます。

電気を生成するすべてのシステムに障害が発生した場合、エネルギーオブザーバーにはカイトが装備されています。カイトは解放されると帆として機能します。 「緑の」カタマランに関するその他の詳細は指定されていません。

2016年10月中旬、ロイヤルカリビアンクルーズは、液化天然ガスを動力源とする燃料電池を動力源とする新しいクルーズ船の設計を開始しました。新しい船のプロジェクトはIconと名付けられました。最初の新しいライナーは2022年の第2四半期までに、2番目のライナーは2024年の第2四半期までに建設される予定です。

予想通り、液化天然ガスの燃料電池は、今年はオアシスライナーでテストされ、1年後はクォンタムでテストされます。新しいクルーズ船の主なパラメータはまだ決定されていません。

トピックによって人気があります

人気の投稿