オランダ人はドローンに発電を強制します

オランダ人はドローンに発電を強制します
オランダ人はドローンに発電を強制します
Anonim
Image
Image

AP3ドローンを備えた発電所

オランダの会社AmpyxPowerは、新しいタイプの発電所を開発しています。この発電所では、テザード無人航空機(航空機タイプ)が発電を担当します。アビエーションウィークによると、同社は2018年に250キロワットの容量の発電所のプロトタイプを展示し、2020年に2メガワットの容量の最初のシステムを展示する予定です。

オランダは風力エネルギーの使用の高いシェアを持っています。このため、プロペラを備えた風力発電所が国の沖合に設置されました。昨年12月以来、ジェミニ計画に従って建設された600メガワットの風力発電所は、オランダのフリースラント沖で実験モードで稼働しています。

設計が異なる可能性のあるすべての風力発電所は、一般原則に従って機能します。気流がプロペラを回転させ、プロペラが発電機を駆動します。発電機からのエネルギーは変電所に供給され、そこで電圧が安定します。そこから、電力はエネルギー会社に送られ、最終消費者にリダイレクトされます。

Ampyx Powerプロジェクトによると、新しい発電所は小さなプラットフォームになります。無人航空機は、格納式ケーブルの助けを借りてそれらに結び付けられます。風の間に、これらのドローンは離陸し、気流が強いほど、車両はより高く上昇します。

高度が上がると、ドローンはプラットフォームを円を描くように飛び回るか、8の字を描きます。同時に、ケーブルがプラットフォームから引き出されて引き戻される間、デバイスは上下し始めます。ケーブルドラムは発電機に取り付けられているはずです。このように、ロープを出し入れすると、ドラムが回転し、発電機が駆動されます。

新しい発電所のドローンプロジェクトはAP3に指定されました。翼幅が約12メートルの装置を想定しています。これは、2桁スキームに従って実行されます。ドローンは、欧州航空安全機関によって認定される予定です。このユニットは、250kWバージョンの発電所で使用されます。 2メガワット-翼幅が20メートルのデバイスを受け取ります。

今日、オランダは風力発電所で発電された電力でヨーロッパで11位にランクされています。 2015年、この国の数値は3.4ギガワットでした。ヨーロッパで第1位のドイツは、44.9ギガワットの風力発電を生み出しました。 Nilerlandsは、2023年までに、風力発電の生産量を4.5ギガワットに増やす予定です。

今年の初めに、オランダは電化された鉄道を風力発電に完全に切り替えました。現在、国内のすべての電車は、風力発電所で発電された電力のみで運行されています。オランダには全長2.9千キロメートルの鉄道網があります。このうち、2千キロ強が電化されています。

オランダの電化鉄道の年間電力消費量は、1.4テラワット時をわずかに超えています。同時に、2016年には、風力発電所は電気鉄道のニーズの約60%しか提供していませんでした。風力発電の不足は、ベルギーとスカンジナビアからの風力発電の輸入によって相殺されています。

トピックによって人気があります

人気の投稿