軍隊は手の波で無人の群れを制御し始めます

ビデオ: 軍隊は手の波で無人の群れを制御し始めます

ビデオ: バイオハザードのクリーチャーを全種ポケモン図鑑にしてみたw 2022, 12月
軍隊は手の波で無人の群れを制御し始めます
軍隊は手の波で無人の群れを制御し始めます
Anonim
Image
Image

ドローンコントロールステーション

米空軍は、ジェスチャーで無人航空機の群れにコマンドを与えることができる新しい制御システムの開発を命じました。 Flightglobalによると、国防総省の防衛イノベーション実験部門とゲーム業界のいくつかの企業が制御システムの開発に取り組みました。

現代の軍用ドローンは、ハンドヘルドステーションまたはコマンドポストによって操作されます。これまでのところ、このような機器では、個々のデバイスのみを監視できます。一部の研究所では、ドローンを群れに統合できる特別なソフトウェアを開発しており、そのような群れは1つの地上から制御できます。

軍は、無人の群れを手で波で制御することで、無人の群れの使用が大幅に簡素化されると見積もっています。米空軍は、第1フェーズの新技術が、偵察ドローンや電子戦に使用される車両に実装されることを期待しています。後で、同じように、軍隊は打撃装置を制御し始めます。

昨年の秋、ARSENLの研究者は、ドローンが群れを形成できるようにするソフトウェアをテストしました。テスト中、グループは50台の車両を統合し、地上局を使用して1人のオペレーターが制御しました。

相互作用のおかげで、ドローンは群れのリーダーを独立して選択し、タスクをそれらの間で分割することができますが、オペレーターはドローンのグループに対して一般的なタスクのみを提供します。複数の車両が群れを離れた場合、残りは損失を考慮して作業を再構築します。

トピックによって人気があります

人気の投稿