1日1時間の運動は、座りがちな生活のリスクを相殺します

ビデオ: 1日1時間の運動は、座りがちな生活のリスクを相殺します

ビデオ: 一日8時間座った時に起こる10の症状 2022, 12月
1日1時間の運動は、座りがちな生活のリスクを相殺します
1日1時間の運動は、座りがちな生活のリスクを相殺します
Anonim
Image
Image

研究者の国際チームによるメタアナリシスは、適度な強度の毎日の1時間の運動が、不活動に関連する死亡のリスクの増加を中和することを示しました。ノルウェー、オーストラリア、米国の科学者は、身体活動シリーズ2の執行委員会とランセットの座りがちな行動ワーキンググループの作業を完了し、結果が公開されています。

研究チームは、PubMed、PsycINFO、Embase、Web of Science、Sport Discus、およびScopusデータベースで前向きコホート研究の系統的レビューを実施しました。メタアナリシスには、長期観察(最大18。1年)中の約150万人のライフスタイルと死亡率に関する情報を含む16の作品が含まれていました。すべての参加者は、日中の座っている時間またはテレビを見ている時間、および1週間あたりのMET時間での身体活動のレベル(MET-代謝当量、酸素レベルに応じた運動強度の指標)に従って4つのグループに分けられました。消費)。

参照グループは、日中の座り方が最も少なく(4時間未満)、身体活動が最も多い(1週間あたり35.5 MET時間以上)グループとして定義されました。これらの指標とすべての原因による死亡率および総リスク比との関係は、コクソフスキー回帰法を使用して評価されました。

昼間の座りを記録した13の研究に100万人以上が参加し、そのうち84.6千人が死亡した。参照グループと比較して、死亡率は2つの最も身体的に活動の少ない四分位数で有意に増加しましたが、座っている時間とはほとんど関係がないことが判明しました。たとえば、1週間に16 MET時間未満、1日4時間未満の身体活動では、リスクが12%増加し、1週間に2.5 MET時間未満、8時間以上で59%増加しました。これにより、運動不足は喫煙や太りすぎなどの危険因子と同等になります。

同時に、1日8時間以上座っているが、十分な運動(週35.5 MET時間以上)を行っている人々の死亡率の増加はありませんでした。逆の状況(身体活動が少ない状態で1日4時間未満(週に2.5 MET時間未満)に座っている)は、死亡のリスクを27%増加させました。

テレビの視聴に費やした時間を考慮した6つの研究の分析(参加者465,000人以上、死亡者44,000人近く)は、1日3時間以上行うと、最も活発な四分位数を除くすべての死亡率が増加することを示しました。その中で、リスクの増加は、テレビの前に1日5時間以上座っている場合にのみ増加しました。

中程度の強度の身体活動は、たとえば、時速5 kmの速度で歩く、または時速15kmの速度でサイクリングすることと見なされます。 1週間あたり35.5MET時間は、1日あたりこの活動の約60〜75分に相当し、座りがちな生活からの死亡リスクの増加を排除するのに十分です。しかし、このレベルの身体活動は、研究参加者の4分の1以下で観察されたと科学者たちは述べています。

アメリカの科学者によって行われた最近のメタアナリシスは、日中の座っている時間への死亡率の依存性が線形ではないことを示しました:リスクは1日10時間以上座っているときにのみ増加し始めます。

トピックによって人気があります

人気の投稿