Facebookのインターネットドローンが初飛行

ビデオ: Facebookのインターネットドローンが初飛行

ビデオ: Inside Facebook's Quest to Beam the Internet Via Solar Drone | WIRED 2022, 十一月
Facebookのインターネットドローンが初飛行
Facebookのインターネットドローンが初飛行
Anonim
Image
Image

離陸アクイラ

到達困難な地域にインターネットを配信するために設計された無人航空機アクイラが初飛行を行いました。このデバイスは2016年6月28日に最初に放送されましたが、それを開発しているFacebook社はこれを発表したのは今だけです。ドローンは、アリゾナ州ユマの軍事試験場から発射されました。

これは、インターネットドローンの実物大のプロトタイプの最初の飛行でした。当初、アクイラは空中で30分以内で過ごすことが計画されていましたが、すでに飛行中で、専門家は問題を特定せず、最初の飛行時間を96分に延長しました。ドローンは655メートルの高さまで上昇しました。

このデバイスは完全に電気であり、アキュムレータとソーラーパネルからすべてのシステムに電力が供給されます。 Facebookによると、Aquilaのすべてのオンボードシステムの消費電力は2,000ワットでした。これが持続的な消費電力を指すのか、ピーク時の消費電力を指すのかは指定されていません。

Facebookのブログ投稿によると、Aquilaプロトタイプは、その後のテストで太陽電池式ドローンの飛行期間中、世界記録を破る予定です。現在は、2010年に14日間空中で過ごしたヨーロッパのデバイスZephyrに属しています。記録を破った後でのみ、プロトタイプは到達困難な地域でインターネットを配布する能力についてテストされます。

Facebookのドローンは、「全翼機」方式で複合材料を多用して開発されています。航空機の翼幅はボーイング737の旅客機に相当し、同時に、アクイラの質量は旅客機の質量の数百分の1です。ドローンの重量の約半分は充電式バッテリーによるものです。

Image
Image

わし座

Image
Image

わし座

Image
Image

わし座

Image
Image

わし座

Image
Image

わし座

アクイラは最大90日間空中に留まり、高度18〜27千メートルで飛行できると想定されています。送信装置を備えた完全な構成では、ドローンの消費電力は約5000ワットになります。充電式バッテリーは、デバイスに14時間エネルギーを供給するように設計されています。

1台のドローンで最大96キロメートルの直径のエリアにサービスを提供できます。飛行中のUAVは、衛星からのレーザービームを使用してインターネットを受信します。また、デバイス間でデータを転送するためにも使用されます。地上地域へのインターネットの配信は、Eバンドの無線を使用して実行されます(無線リレー範囲71〜76および81〜86ギガヘルツ)。

トピックによって人気があります

人気の投稿