青年期の4分の1に見られる大音量の音楽による聴覚障害

ビデオ: 青年期の4分の1に見られる大音量の音楽による聴覚障害

ビデオ: 聴覚障害があるのに、手話が出来ないの?!というわけでみんなで一緒に日本手話と日本語対応手話を一緒に勉強しよう!【フル字幕付き】デフサポちゃんねる 2022, 12月
青年期の4分の1に見られる大音量の音楽による聴覚障害
青年期の4分の1に見られる大音量の音楽による聴覚障害
Anonim
Image
Image

ブラジルとカナダの科学者は、10代の4分の1以上が、大音量の音楽を定期的に聴くことに関連する聴覚障害を持っていることを発見しました。研究結果はScientificReportsに掲載されています。

ハンスサンチェス研究所、サンパウロ大学、ブラジル学際的耳鳴り研究協会、およびマクマスター大学の研究者は、11〜17歳の170人の学童を調査しました。すべての参加者は、彼らの聴覚習慣と対応する症状の存在についての質問票に記入し、その後、耳鼻咽​​喉科医による検査と音響室での音響心理学的測定を受けました。

10代の約90%が危険なリスニング習慣を持っており、コンサートやディスコに参加するだけでなく、ヘッドフォンで大音量の音楽を聴くことがよくあります。彼らの54.7%は、過去12か月間に断続的に耳鳴りを経験したと報告しました。耳鳴りは、50歳以上の人によく見られ、慢性的な騒音曝露やさまざまな病気による難聴の結果として発症します。

ボランティアの28.8%で、耳鳴りは音響室での検査中に現れました。これは、その慢性的な経過と持続的な聴覚障害を示しています。同時に、耳鳴りは、聴力検査(知覚される音のラウドネスと周波数範囲を測定する)および異なる周波数で誘発された耳音響放射(内耳の状態の指標)の記録における統計的に有意な偏差とは関連していませんでした。

ラウドネスの不快感のレベル(音のレベルに対する耐性の指標)を測定すると、慢性耳鳴りのある青年では、平均して他の若者よりも11.3デシベル低いことがわかりました。研究者のラリー・ロバーツによれば、これは聴覚神経線維への潜在的な損傷の指標として機能し、ニューロンは残りの信号に対する感度を高め、音を大きく見せます。このような損傷は、年齢とともに重度の難聴のリスクを劇的に高めます。

ロバーツは、大音量の音楽や騒音公害への曝露に関連する聴覚障害は、ますます増大する公衆衛生上の脅威であるという見解を表明しました。この場合、それらに対処する唯一の方法は、聴覚アナライザーを過度に大きな音から保護することです。

トピックによって人気があります

人気の投稿