ポンペイの選挙スローガンが語ったこと

目次:

ビデオ: ポンペイの選挙スローガンが語ったこと

ビデオ: 【ポンペイ遺跡13】2千年前の死者が蘇る 石膏型❗️ 遺体と石膏型が語る あの日の真実。。。 2022, 12月
ポンペイの選挙スローガンが語ったこと
ポンペイの選挙スローガンが語ったこと
Anonim

ポンペイでは、活発な発掘調査が続けられており、今年はすでに多くの興味深いものがもたらされています。発見のいくつかはほとんど完全に見えません-それらの中には最近発見された家の壁の3つの落書きがあります。しかし、これらの碑文の背後には、今日言うように、選挙人のスローガンがあり、長い伝統と興味深い歴史があります。ポンペイのウェブサイトの作者であるYuliUletovaは、それらについて段階的に説明しています。

Image
Image

ポンペイで最近発見された碑文

ポンペイ人が街の壁に書いたこと

世界で見つかったすべてのラテン語の碑文は、特別なCorpus InscriptionumLatinarumで数えられます。コードの17巻には、ローマ帝国全体の領土からのラテン語の18万以上の碑文が含まれています。

CIL IV(第4巻)は、ポンペイ、ヘルクラネウム、スタビアエで見つかった碑文で構成されています。実際、ポンペイの落書きはおそらく世界で最も広く知られているラテン語の碑文です。

それらの中で最も美しいのは選挙の訴えです。彼らは特別に訓練された人々、通常は2人か3人のチームによって描かれました(1人は漆喰で、もう1人は塗られました)。候補者の名前は大きな文字で書かれ、残りのテキストは小さかった。ポンペイでは、2,600を超える落書きが、何らかの形で特定の人物に投票するための訴えを含んでいることが判明していますが、ヘルクラネウムの壁にはそのような発表はありません。

広い意味で、すべての古代の落書きは落書きと呼ぶことができますが、選挙の落書きはそうではありません。専門家にとって落書きはただの傷の碑文や絵であり、この場合のように絵の具が絵やテキストを作成するために使用された場合、過去からのそのような碑文の挨拶はディピンティと呼ばれます。

最も興味深いのは家庭の落書きです。彼らの中で、ポンペイの住民は彼らの知人に呪いを浴びせ、剣闘士の試合があり、彼らの心が乱されるとき、良い売春婦を見つける場所を彼らに伝えます。ちなみに女性も書いていますが、男性のサインは比類のないほど多いです。碑文自体に加えて、壁にはさまざまな程度の絵のような美しさと品位の走り書きの絵がたくさんあります。

Image
Image

以前にポンペイで発見された選挙碑文(XIX-XX世紀)

選挙広告の描き方

3つの新しい碑文が選択的です。選挙運動がどのように行われたか、そして選挙手続き自体を詳しく見てみましょう。

地方の地方議会への選挙が3月に行われたので、ポンペイの家の壁が公職に立候補している市の治安判事の名前で覆われたのは今月、選挙運動の間でした。そのうちの4人がいました。2人は市政を統括し、2人は市の現在の問題を担当したアエディリスでした。 duumvirsとaedilesは1年間の任期で選出されました。選挙後、碑文は特別に破壊されることはなく、次の3月まで市の壁に残っていました。

広告は、特別に訓練された人々、多くの場合チームで、左官と書道家(そして時には3人以上)によって作成されました。左官は前の選挙の碑文の上に絵を描き、家の壁に塗られた石膏の新しい均一な層を準備しました。ポンペイでは、左官が働いている様子を描いたフレスコ画が見つかりました。第5地区の新しい発掘調査では、ツバメの尾の形をした縁に沿って「取っ手」が付いた板の形をした壁の断片が見つかりました。選挙の碑文の下ですでに準備され装飾された、いわゆるタブラ(またはタブラ)がアンサタで発見されました。

筆記者は新しい広告を描いただけではありませんでした。彼はきちんと、文字を印刷したファッションに従って、時代とともにグラフィックが変化しました。候補者の名前が目に入って覚えられるように、訴えの内容を整理した。顧客との契約に他の情報が含まれている場合、碑文は候補者が応募したポジションを示している可能性があります。候補者のポジションへの適合性を説明する公式。時々、候補者を支持するイニシエーターが言及されました、碑文が作成された注文。いくつかの碑文には、左官と筆記者という広告主の名前が記されています。繰り返しのものがあり、特定の職人がお客様に人気があったことを意味します。

ポンペイで見つかった2600の選挙碑文のうち、15,000以上が、79年のベスビオ火山の噴火前の最後の選挙に属していたと考えられています。そして、この数のうち、約半分には、たった12人の候補者の名前が含まれていました。

Image
Image

以前にポンペイで発見された選挙碑文(XIX-XX世紀)

治安判事に指名される可能性のある人

25歳からのローマ帝国の男性市民は誰でも選挙権を持っていましたが、全員が選出されたわけではありません。候補者は自由に生まれ、年齢、財産資格、社会的地位の3つのカテゴリーで特定の基準を満たしている必要がありました。

年齢とともにわかります。ローマ人は、27〜28歳で、それ以前ではなく、クァエストルのポストから行政のはしごに沿って旅を始めることができました。

社会的地位もあります-町民が彼らの同胞に投票するために、彼は彼らが今言うように、彼のイメージに前もって取り組む必要がありました。たとえば、自費で円形劇場で剣闘士の試合を手配したり、都市の建物の修理や建設に個人的な資金を割り当てたり、人口の恵まれない人々のために慈善活動に従事したりします。しかし、候補者が町民のために夕食会を主催し、彼自身に代わって贈り物を配布し、選挙に立候補する前に1年間9人以上を公式に自宅に招待することを禁止する法律がありました。もちろん、経験豊富な政治家にはそのような制限を回避する経験と機会があり、この法律はむしろ、少なくとも1年前に指名に事前にアプローチする必要があることを示しています。

さらに、候補者は自由に生まれなければならず、それは都市を支配したい裕福な解放奴隷に一定の制限を課しました。彼らの子供たちだけが市の治安判事に申し込むことができた。

市の治安判事になりたい人にとって最も深刻なのは、財産の敷居でした。市政での仕事は支払われなかった。さらに、ローマの都市に就任すると、新しく選出された治安判事は、数千から数万のセステルティウスを市の財務省に寄付しました。そして、職務の遂行中、幸運な男は選挙前と同じように、故郷の都市の福祉のためにお金を使い続けました。

しかし、彼らが言うように、都市の治安判事が、貧しい人々に有利な地元の寡頭制のぼったくりであると考えるべきではありません。もちろん、小さな町であっても、管理職は権力、尊敬、影響力です。そして、特に野心的な人々にとって、それはローマの役人としてのキャリアへの足がかりでもあります。

Image
Image

黒の碑文はHelviusSabineに投票することを要求し、赤の碑文はLuciusAlbuciusに投票することを要求します

ポンペイの選挙はどうでしたか

選挙の前に、通常、候補者の名前と候補者が応募した役職を示す盾がフォーラムに掲示されました。これらの名前はすべてポンペイ人にすでに知られており、候補者は選挙運動全体を通して町民によって議論され、全員が投票するためだけにフォーラムに来ました。

ポンペイ(およびローマを含む他の都市)での選挙は、後援(占い)から始まり、歩行法、つまり「歩く」ことによって行われました。このイベントでは、ポンペイの市民フォーラムの広場がロープで5つの回廊に分割されました(選挙単位の数に応じて-部族)。ジュピター神殿の表彰台に投票箱が置かれました。先住民のポンペイ人の中から約3000人、入植者の中から約5000人の選挙人を合計し、その数(約8000人)を5つの部族で割ります。 1つの回廊で1,500人以上が投票していたことがわかりました。各市民は、投票箱に投票した候補者の名前が書かれたワックスを塗ったタブレットを落としました。ほとんどのタブレットは、1つの部族の1人の候補者のためのものであり、彼をその中で勝者にしました。部族の過半数が投票した人が選出されました。

ポンペイはもともとローマの都市ではなかったことを思い出させてください。連合国戦争(紀元前91年から88年)の前は、それは地元のイタリア人、オスコ・サムナイトに属していました。ポンペイでの戦争でローマが勝利した後、ルキウス・コルネリウス・スラの軍団の退役軍人が再定住しました。ポンペイへの植民地の撤去がその人口に切望されたローマ市民権を与えたという事実にもかかわらず、静かな海辺の町へのこの新参者の再定住が征服された人々の喜びの叫びで起こった可能性は低いです。少なくとも、(シセロの演説の1つにある間接的なデータを考慮に入れて)都市の情勢に対する元住民の影響を減らすために、投票数は1つか2つに含めることによって人為的に制限されたと想定されます。 5つのうちの部族。したがって、ポンペイの先住民は投票前から少数派でした。

選挙が(自由な市民の間で)一般的であり、壁の発表を読み、名前をプラークに書かなければならなかったという事実は、識字率の高い人口のかなり広い範囲を示しています。

新しく開いた碑文には何が見えますか

1.孤独な赤いレタリング:LALBUCIUM AED

デコード:L。Albuciumaed(ilem)

翻訳:ルシウスアルブシウス-アエディリスで。

2.ブラックトップの碑文:HELVIUM SABINUM AEDILEM D.R. PUB V.B.O.V.F.

デコード:Helvium Sabinum aedilem d(ignum)r(ei)p(ublicae)v(irum)b(onum)o(ro)v(os)f(aciatis)

翻訳:ヘルビアサビーナ-アエディリスに、社会的活動に値する良い人を選んでください。

3.下の赤いキャプションは、最初のキャプションのテキストを繰り返します。

碑文は家の外隅、交差点に書かれていることにも注意します。 Helvius Sabineの支持者が長い碑文を注文したという事実にもかかわらず、心理学と広告の観点からLucius Albuciusという名前の広告は、より効果的に見えます。角の反対側に2つあり、赤です。 1行で実行されます。

Image
Image

ルシウスアルブシウスという名前は家の隅を飾っており、四方八方から目立ちます

これらの略語はどういう意味ですか?

候補者の名前は通常、対格で書かれ、多くの場合、プレノメン(個人名)を1文字に省略したり、まったく使用しなかったりします。これは、選挙前のレースのキャラクターの有権者の間での認識を示しています。

碑文のテキストにたくさんの略語があることに驚くことはありません-それらは広告によって占められるスペースを大いに節約しました。しかし、これらの公式の普及に再び注意を払う価値があります。それは、略語の内容がすべての有権者に知られていることを示しています。

選挙の公式の中で最も一般的なのは、もちろん、o.v.fです。 --oro vos、faciatis(「お願いします、選択してください」)。これは通常、候補者の特徴が続きます:d.r.p。 --dinum rei publicae(「社会的活動に値する」)、v.b。 --virum bonum(「良い人」)またはv.p. -ビールムプロバム(「正直な男」)。それらの使用頻度からすると、都市居住者の候補者の道徳的地位は、彼の約束や将来の行動よりも重要であると考えることができます。それどころか、どの碑文にも候補者のプログラムはありませんが、彼はしばしば彼の専門的なスキル(市職員の義務とは関係ありません)で賞賛されています。たとえば、パネムボナムフェルト(「彼はおいしいパンを作る」)。ただし、特性が候補者の理想的な位置を直接示している場合もあります。hicaerariumconservabit(「これにより財務省が節約されます」)またはviis aedibus sacris publicis procurandis(「道路、神聖な公共の建物の監視と管理」) )。

候補者が応募した役職のタイトルでさえ省略されました:[select] aed-aedilem( "aedile")またはIIvir-duovirum( "duumvir")。

Image
Image

「ルシウス・アルブシア-アエディリスへ」

LuciusAlbuciusとHelviusSabinusは何で知られていますか?

ポンペイの新しい碑文に記載されている名前に戻りましょう。これも非常に興味深い発見です。両方のポンペイ人は、西暦79年の控訴、つまり最後の選挙運動でしばしば言及されます。両方ともアエディリスの位置を申請しました。

ノメン(一般名)アルブシウスは、50回以上公開されている碑文に見られます。彼の隣に一度、プレノメン(個人名)マークが立っています!したがって、この碑文は「調査」では考慮されません。残りの碑文の半分では、アルブシウスはプレネームなしで表示され、残りの半分では、新しい碑文の名前と一致するルシウスのプレネームで表示されます。さらに、3つの碑文から、私たちのアルブシウス-ケルソスのコグノーメン(個人のニックネーム)を認識することができます。

ただし、市内には2つのアエディリスがいるはずなので、一部の通話では一度に完全なセットが提供され、Albucius Marcellus(4つの言及)またはMarcus Casellius(14の言及)と一緒にこれらの位置をお勧めします。なぜ3人の候補者が一緒に2つのポジションに立候補したのかという疑問が生じ、彼らはカゼリウスのフルネームを示すいくつかの(70余りの)碑文を削除しました-マークカセリウスマルセルス。これはおそらく、現代の選挙のように党がないにもかかわらず、市役所の候補者が団結して結果を達成することができ、1人の支持者が彼らの「ポスター」に友好的な候補者の名前を含めたことを意味します。

Albucius専用の広告では、推奨事項と特性の最も一般的な略語のうち2つまたは3つのみが使用され、その支持者の名前はTitus Genialis、Prim、Paris、および名前のないvicini(「隣人」)のみです。碑文の1つは、名前から判断すると、女性、おそらく解放奴隷であるステイシーとペトロニアによって支払われました。想像することができ、ある程度の確率で、そのような名前は、1世紀の2人のローマ人作家であるペトロニウスアービトラとパブリウスパピニウススタティウスの作品の崇拝者である前の所有者によって付けられたと推測できます。後者自身はナポリ人であり、ペトロニウスは文字通りベスビオ火山の噴火の13年前に、皇帝ネロの命令により、ポンペイから50キロ離れたクマで自殺しました。

もう一つはGelviySabinです!彼に捧げられたほぼ150の碑文が発見されました。それらから私たちは彼のプレノメン-Gneiを認識し、1つの碑文はアグノーメン(コグノーメンに続く2番目のニックネーム)についても言及していますが、残念ながら石膏の崩壊のために断片化されています-Ariph …(「アリフ…」)。

碑文のいくつかは短いです-「ヘルビアサビーナ」、それだけです。 100以上の碑文は、サビーナが彼の支持者によって指名された位置を示しています-アエディリス、そして1つ-duumvir。ほとんどの広告には、d.r.pからの標準的な数式が含まれています。 v.p.へしかし、それでも、サビーネを称える碑文は、略語があっても、アルブティウスに捧げられたものよりもはるかに長いです。

アルブジアのように、サビーナは、いくつかのディピンティで、志を同じくする人々と一緒にアエディリスに提供されます。ある場合にはそれは特定のRufusであり、他の場合にはMark SamelliusModestusです。 CalventiusまたはLuciusCeiaSecundusがアエディリスHelviusSabinusにduumvirsとしてノミネートされている碑文があります。これはまた、役人間の社会的つながりを示唆していますが、現在は垂直になっています。都市の階層では、duumvirはアエディリスの上に立っていましたが、間違いなく、duumvirには「彼の」アエディリスが必要でした。

上訴の4分の1には署名者がいます。彼らは名前のない隣人であり、男性(Balbus、Popidius、Crescens、Vesonius Primなど)、女性(Junia、Maria、Caprasiaなど)、さらには家族全員です。後者は、家族の長によって名前で指定され、資格兼スイスが追加されました:家族とのプリム、家族との幼児、家族とのエピディウス。隣人に加えて、町民のグループもゲルヴィ・サビーナを表しています:「Urbulans」(居住地域に応じた統一)、「Isisの信者」(宗教的原則に基づく統一)、「隣人とのパン屋」 "(兼vicinis)。サビヌス自身がポンペイのイシス教団の信奉者であり、小麦粉や調理済みパン製品を扱っており、おそらくウルブラン地区(ポンペイのノーラン門の近く)に住んでいたと考えられます。

とりわけ、そのような選挙活動は、ヘルヴィウス・サビヌスがポンペイでかなり有名な人物であり、日常生活と彼の職業の両方で尊敬され、人口のさまざまなグループにとって便利な治安判事であったことを示唆しています。

したがって、たった3つの新しい碑文で、選挙の伝統、特に都市の社会的つながりについて多くのことを知ることができます。

トピックによって人気があります

人気の投稿